節約と投資でへそくり倍増計画

節約主婦なつめぐです。合理的な節約生活と夢を描ける投資生活について、書き綴ります。 私も現在進行形。一緒に頑張りましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きな利益・大きな損失

私はバブルの崩壊をリアル体験してるので、投信であれ個別株で資産の50%以上も投資にまわすなんて、まだまだできません。

暴落するときは、投信でも個別株でも一気に下落しますから、どっちでもあまり変わりないのです。
ある人が言っていましたが、株なんて上がる時は何を買っても上がり、下がる時は何を買っても下がるんです。
日経平均が上がってる時に損する人はいますが、どんな達人でも日経平均がビシビシ下がってるときに、買いで勝ってはいません。
売るか休むかです。

今年の場合、1月から3月までで、達人たちは利益の出たものを、かなりスイッチング、もしくはキャッシュにしたようです。
上昇時なら、投信でいいと思うのですが、下落時にメリハリのついた調整をしたいなら、個別株でないと無理です。
投信の場合、株系から債権系にスイッチングという方法はあるかもしれませんが。

そうでない人は、ほとんど塩漬けのようです。
こういう所で、達人とそうでない人の差が出てくるのでしょう。

方向性が見えない時に休むのは、達人もそうでない人も一緒です。
違うのは、休む時と参戦しているときのテンションが、ほとんど変わらないのが、達人たちだと思います。
休んでるときも、市場調査・スキルアップを怠らないのです。

普通の人は、なかなかそこまでできないと思います。
数百万、1千万以上の単位で、お金が増えたり減ったりする・・
という状況を、冷静に観察するというのは、なかなかできません。

FXでそれなりの利益になってる人は、時と場合により、今までのコツコツ熱心に積み上げた利益を、百万以上消してる人が多いです。
その事実を書いてるブログと、そうでないブログはありますが、長く読んでいればわかります。
広告貼ってるブログには、そういうマイナスなイメージはほとんど隠して、決済利益のみ(損失は報告しない方針のバーチャルともいえます)報告してるブログもありますが、よく読めばわかります。

結果的に、それに耐えられる人だけが勝つ・・ともいえます。
絶対損のままで終わらない・・という決意の元で、かなりの努力をされているので、含み損・損失を取り戻した後の成長はすさまじいものがあります。

リスク管理とは、そうやって学ぶもので、努力を惜しまない人が永く勝ち続け、大きな資金を危なげもなく投資に向けられるのです。

私には、その努力をする根性ありません。
というわけで、まだまだ大きなお金を投資に向けるのは無理です。
スポンサーサイト

テーマ:ゼロからの資産作り - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/08/27(日) 13:11:12|
  2. 投資に対する思いあれこれ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

長く勝ち続けるには?

今月の不労所得は、20万円は越します。
不労所得は、毎月変化が大きいですが、この変化の大きさに耐えられないと、長く投資はやっていけないような気がします。

投資をやられてる人には、ファンダ分析派とかテクニカル派とかいらっしゃいます。現在は情報化社会なので、特に知識がなくても、情報収集がとてもうまい・・という人は、基礎知識がなくてもなんとかなったりします。

これは、お料理のレシピを見て、そのとおりに作れば、まあまあのものが出来るのにやや似てます。几帳面な性格の人が、レシピ通りに料理をすれば、たいていのものは作れると思います。

しかし、料理研究家やセミプロ主婦は、そんな小手先の技術で料理をしているわけではありません。料理技術から、素材の性質、素材の産地、旬の時期、季節や体調による味付けの変化・・書いたらきりがないほど、色々な知識の元に料理をしてると思います。

私は、若くて将来が不安なら、少しでも時間をみつけてお金の勉強をするべきだと思ってます。もちろんトレードなど出来ればもっといいと思いますが、トレードは金融知識がきっちりなくても出来ます。
時と場合により、それでもドンドン利益は増えます。

しかし、長く生き残ってる人に、知識がない人はいません。
そもそもトレードなんて、生きるうえでの金融知識としては、ほんの一部分です。私自身、投資を始めたのが、ある程度の資産が出来てからで、幸か不幸か(不幸です!)バブルの崩壊以降の長い期間、恐ろしくてトレードなんか出来るもんじゃありませんでした。
もちろんネット売買もありませんでしたし・・
コツコツ基本的な金融知識を蓄える・・くらいしか、やれる事がなかったんです。

働きながらでも、子供を育てながらでも、忙しい時間を使ってトレードにはまると、肝心の基本的金融知識の収集がややおろそかになります。
どこの証券会社・FX会社がトレードしやすいか?とか、その日その日でどう指標が変わるかなど・・こういう情報に追いかけられて、肝心の基本的な金融知識が全く深まらないのでは、どっか本末転倒・・というような気もします。

たまたまトレードでちょっと小銭が稼げたからと言って、それにのめりこみすぎるのは、若ければ若いほど危険かもしれません。
たまたま、波に乗ってちょっと資金が増えた・・という成功体験が忘れられず、堅実な家計運用が出来なくなったら、それもそれで大変です。

トレードでお金が稼げる・・というのは、給料がいただけるというのとは違った喜びがあって、人によっては中毒症状になったりもするようです。

私は、「子供が小さいうちにネットやトレードにのめりこむのは、危険では?」と、当初からブログにも書いてますが、ネットもトレードものめりこむものではありません。いくらお金が稼げても、家庭を持った人は家庭内での時間をきっちり確保するべきだと思います。
まずは、穏やかな金融知識を増やすべきです。

しっかりした金融知識があれば、自分がどの程度のリスクがとれるかの正確な判断が出来ます。その判断は、時間と資金の管理能力がなければできないんじゃないかと思います。

その基本もないのに、トレードにのめりこむと、やはりまずいんじゃないかなーと、日々トレードに夢中な私は思ってしまいます。
  1. 2006/08/19(土) 00:15:16|
  2. 投資に対する思いあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとだけベテラン(えっ)

私、トレードはたいしてうまくはならないけど、情報収集とか
本を読むのとか、そのいうのはかなり好きで、知識だけは増えました。
私、もう一つブログをもっていまして、そちらからはじめたので、
はじめた頃に出会った人は、全員先輩のようなものでした。
投資ブログの仲間に入れるのか?続けられるのか?それだけで
どきどきものでした。

最初のブログは、たまたま出会った人が、資産内容を全部公開する
タイプのブログを書かれていて、私の目指す方向と同じだった事も
あり、つい影響を受けて、投資関係だけ資産内容を赤裸々にした
ブログにしてしまっていました。その金額は、普通の主婦にしては
半端ではない額なので、知人に見せられるようなブログでは
なかったのです。

知ってる人にも「私のブログ」として、読んでみてと言えるような
投資ブログと思って、こちらをはじめました。

そうやって悪戦苦闘しているうちに、もう一つのブログの方でも
新しい人がどんどん参加してくるようになって、ちょっとした
経験者?になってしまっているような・・

そもそもFXは、やっと最近まともになってきた?と思えるような
怪しい取引だったわけで。数年前からやっていたなんて人は、
チャレンジャーか、かなりのベテランかどっちかで、普通の人なら
存在さえ知らない取引だったと思います。
ここ1年で飛躍的に伸びている分野です。

節約サイトの方のビッグサイトを運営されてる人で、FXも
かなりの達人の方がいらっしゃいます。こういう人の影響力も
かなり大きいような気がします。

ビッグサイトを運営できるような人は、才覚が違います。
FXを真剣にやられるのなら、サイト運営の成功プラス投資の成功者は
続々出る可能性は大です。
たいして才覚がない人は、節約はともかく、投資の方は安易に真似する
のは、ちょっと危険かも・・(私もだYO)

現在のような中途半端な経験者の状態だと、初心者が書くような
はらはらどきどきの素直な事はもう書けないし、色々な知識を
駆使して分析してみるような話だと、いくらでも書けるのですが、
なんせ「中途半端な経験者」なので、そういう半端な知識で
色々書いたところで、それがどうした?と自分でも思います。

知識は増えたのですが、実際これから投資の基本としていこうと
思っているルールは、かなりシンプルです。
1年以上やった経験の結論は、「シンプル・イズ・ベスト」

そうなってくると、投資にうんちくやら、極端な情報収集が
必要なのか?かなり疑問になってきます。

法律に触れるくらいのインサイダーはないとは思うのですが、
どうも本格的勝ち組は、何かが違うような気がするのです。

投資に限らず、必死で的外れな努力をしても成功しないのは
当然の事で、投資はその中でもその傾向の強い分野です。
一生懸命やった人が、全員優れた投資家になれるわけがないのです。

知識が増えるにつれ、どんどんそういう思うが強くなります。

一見、知識で利益を出してるように見えるブログもない事は
ないのですが、あくまでも「目の付け所がいい」のであって
それに知識で味付けしてるだけのような気がします。

その「眼の付け所のよさ」は、そうじゃない人が知識をつけた
ところで、真似出来るものではありません。

これを「才能」というのかもしれません。

しかし、まだまだ経験1年ちょっと・・
2年・3年となると、又違った感想になるのかな?
趣味と言うには、かなり奥が深く、怖い趣味かも・・・







テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/08/06(日) 10:19:42|
  2. 投資に対する思いあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

月別アーカイブ

まずはバーチャルで

私もこれから始めました。これでしっかり練習して、お小遣いゲットしましょう。 ランキング上位では特典もありますよ。 もちろん参加費無料です。

お薦めFX会社

私も使ってます。私はここの口座で1ヶ月で30万を40万まで増やしました。 今ならキャンペーン中で、5000円もゲット出来るし、1ヶ月手数料無料。 超お薦めです!

初心者には超お薦め

 

1000通貨で使えて、手数料安いです。

自営業妻同盟

美味しい野菜です

 
</p>
<p style=

ヒロセ通商

 

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。